ギャンブル ギャンブル依存症 パチンコ・スロット 借金

パチンコ屋だけが俺の居場所だった・・・。

投稿日:2016年5月14日

supergarobonus

 

hokuto6

 

umimono

 

おはようございます。

 

朝から刺激の強い画像を載せてすみません。

ギャンブルに興味のない方は、「何これ?」の画像だと思いますが、ギャンブラーにとっては至福の(?)画像です。

 

 

数年前には毎日のように通っていたパチンコ屋。

徐々に回数が減って、昨年の12月以来一度も行っていません。

 

といってもパチスロ→バイナリーオプションに移行しただけなんですが。

 

12年のパチスロ歴がありますし、一時期は毎日通っていましたから、なかなか身体から抜けてくれません。

 

 

今でも、数字の3や7に妙に反応してしまったり、パチスロ台になっているアニメなどがTVで流れていると無性に打ちたくなってしまう。

また、職場でもギャンブルの話は日常茶飯事です。

所詮、自分を含めて派遣社員が多くいる会社。

話の内容は、ギャンブル・女・酒・・・

 

 

ただ、そんなクズな廃人生活が良かった時代もあったな。

なにも考えないでギャンブルのことだけ考えていればよかったから。

 

朝、パチンコ屋に並ぶ前に立ち寄る、ガストのモーニングセット、朝マック、松屋。

並んでいる最中の缶コーヒー。

席に着いてから、スタートする前の静けさ。

途中で昼休憩を取って食べる、餃子の王将のエビチャーハン。

パチンコ玉を平らに均す感触。

スロットはメダルを差し込んで1箱にできるだけ多く入れる。

この入れ方の美しさへのこだわり。

そして勝った日の贅沢な夕食。

 

パチンコ屋だけが俺の居場所だった。

 

こんな事書いていると行きたくなっちゃうから。俺は寝ます。

まあ、金ないので行けませんがね。

 

自分ひとりではもう絶対行きません。

友人に誘われたら遊びで行くかもしれません。

まあ、友人はいないので行けませんがね。

 

今日も1日頑張りましょう。

 

給料日前の強い味方!!参加型キャッシング比較サイト「くらべる君」






【関連記事一覧】




-ギャンブル, ギャンブル依存症, パチンコ・スロット, 借金

Copyright© 30歳無職の借金1000万返済ブログ , 2019 All Rights Reserved.