ギャンブル ギャンブル依存症 両親からの借金 借金 借金地獄 借金日記

母へ謝罪の手紙

投稿日:

 

 

母さん

 

母さんは僕を産んだ時どう思った?

幸せだったかい?

幸せにすると誓ってくれたかい?

 

母さんの事だから、自分の幸せはさておき

僕を幸せにすることが生きがいになったんだと思うよ

 

 

ところが僕は

その優しさに甘えているね

 

20歳を過ぎても

33歳になっても

 

最近も友人に借りた金を返すからと嘘を付いて、30万円の遺産を借り

数日で全部失ったんだ

 

 

母さんが断らない事を僕は知っているんだと思う

その気持ちに付け込んでいるだけ

 

 

死んだ方がマシだと思う

 

死んだ時は悲しむけど

かける負担に比べたら

少ないと思う

 

でも死ねない

 

 

僕はお母さんを殺していると思う

人生を奪っていると思う

 

母さんの人生

45歳から今までずっと殺している

 

 

自分はのうのうと生きて

 

 

気づいたらもう60歳で

15年間を奪った

殺した

虐待だ

 

 

共依存っていう精神状態があるけど

僕はお母さんをそれにしてしまっている

 

 

私がいないとこの子は生きていけないと思わせ

私が何とかしてあげないとと思わせている

 

 

33歳にもなって

5歳児じゃあるまいし

 

 

もう手遅れかもしれない

 

 

だって15年間を奪った訳で

もう60歳な訳で

 

この時間は帰って来ない

 

例えばこれから何度も食事に連れて行ったとしても

旅行に連れて行ったとしても

必要な物を買ったとしても

 

 

もう15年は帰って来ない

 

しかもそれすらできていない

 

 

謝っても謝り切れない

償っても償いきれない

 

 

 

これからどうすればいい?

これからなにができる?

どうすれば安心させられる?

 

 

正社員就職?

1人暮らし?

結婚?

孫の顔を見せる?

 

 

 

僕にできるのか?

 

 

こうやって文にすることだって自己満足だ

 

 

文にしたところで何も起きないし、変わらない

 

 

今は、派遣の仕事に休まず行く事しかできない

 

 

 

これからどうするべきか

考えます

 

 

今日はコメント欄を開放しますので、ご意見ください。

 

 

 

たけしへのプレゼントはこちらからお願いいたします。
注文していただくと、たけしにプレゼントが届く仕組みになっております。

【たけし公式ファンクラブ】プレゼント受取り窓口

 

給料日前の強い味方!!参加型キャッシング比較サイト「くらべる君」






【関連記事一覧】




-ギャンブル, ギャンブル依存症, 両親からの借金, 借金, 借金地獄, 借金日記

Copyright© 30歳無職の借金1000万返済ブログ , 2019 All Rights Reserved.