《マスク7000枚で100万円超》新型コロナで荒稼ぎする「転売ヤー」を直撃取材「売り方はいくらでもある」

新型コロナウイルスの拡大による在庫不足に便乗する「マスクの高額転売」が社会問題となっている。静岡県焼津市の志太消防本部焼津消防署大井川分署では、男性隊員が備品のマスクを無断で持ち出し、フリーマーケットアプリ「メルカリ」で転売していたことが2月22日にわかった。

 さらに悪質なのは「転売ヤー」と呼ばれる転売専門業者による買い占めと価格釣り上げだ。「週刊文春デジタル」では、転売ヤーである20代男性・A氏に話を聞いた。

「実働時間は丸1日もかかってない」

「マスクの転売は実働1日。100万円以上の売り上げを出しましたね。僕は、今回のコロナでのマスク不足の中、約7000枚のマスクを仕入れ、全て売り切りました。マスク自体、様々の種類を仕入れたので単価はバラバラなんですが、仕入れ値は(総額で)大体35万円。売り上げは110万5000円でした。なので、利益としては約80万円ですね。僕を含めて3人で動いていました。実働時間にすると丸1日もかかってないくらいなので、なかなかの売り上げだと思いますよ」(A氏)

 都内在住のA氏だが、この7年ほど、転売で生計を立てているという。

「転売をやっている知り合いのやり方を見て、こういう風にやれば儲かるんだと気付き、僕もやってみたいと思ったのが転売を始めたきっかけでしたね。今は法律が変わって撤退したんですが、(当初は)チケット転売や、アパレル(洋服)などの転売をしていました。コロナウイルスが流行したニュースを見て、これは逆にチャンスだと感じましたね」

 A氏はどうやって7000枚ものマスクを入手できたのか。

「単純にお店を回って買えるだけ買うという方法でした。車でスーパーやドラッグストアを回るのが基本です。僕が聞いた情報だと、マスクが作られているのが東北や長野に多いみたいで、現地の知り合いに協力をしてもらったり、東北に人を派遣して買い回ったという感じですね。(自分は)主に仙台付近を回りました。関東近郊だと、千葉県の奥の方(内陸側)が購入できるスポットでしたね。入荷情報なども(転売ヤー仲間から)回ってきます。またお店に電話をすると教えてくれるお店も多かったですよ」

医療関係者から「3M」マスクの横流しも

 都内では「1人あたり何枚」という購入制限が課されている店が多いが、それをかわすために地方で仕入れたのだという。

「都内だと店員さんが厳しかったり、人口も多いので、そもそもすぐ売り切れてしまう。しかし、東北なんかだと夕方まで余っているところがあったり、購入制限があるにもかかわらず並び直しのチェックが甘かったりする。ですから、1人が1個買ってまた並び直すということを繰り返していましたが、(地方では)注意されることはほとんどありませんでしたね。また、(スーパーなどで)会計するレジを替えるなどの工夫や、通りかかる通行人に声をかけ、『個数制限あるから買ってくれ』と頼んだりもしました」

 知り合いの転売グループは、別の方法でもマスクを入手しているという。

「医療関係者から『3M』というマスクを横流ししてもらっている転売グループもいます。このマスクは、医療用のもので1枚100円くらいするんですけど、それが今だと1枚500円、600円といった価格で売れるんです。知り合いはヤフオク!(ヤフーオークション)で、50枚入り5万円とかで売っていました。複数の医療関係者から横流ししてもらっていましたね」

転売規制がかからない“抜け穴”は「送料」

 こうした流れに対して、2月中旬くらいから、オークションサイトを中心にマスクの高額転売には規制がかかり始めた。だが、これにも“対策”があるという。

「現在では、メルカリ、ヤフオク!、Amazonで高額出品するとアカウントがBANされてしまいます(ルール違反で使えなくなる)。BANされたアカウントでは今後、出品できなくなってしまったりする。この規制で、メルカリなどでは多少値段が落ち着いた気がします。その“アカウントBAN”を掻い潜るために、今、主流になっている対策は、Amazonでマスクを低価格で出品し、『送料』であり得ない(高い)金額の値段を取るんです。例えばマスクをほぼ定価の2000円で出品し、送料を1万円に設定する。そうすることで結局、5倍の利益が出るのと一緒になるんです。アカウント規制は入りません。他にも売り方はいくらでもある。Twitterでも買い取り募集している人もいるので、そういう人たちに売る人もいますね」

日本在住の中国人が中国ルートでさらに転売

 A氏のグループもネット経由で転売することもできたが、マスク転売の規制が厳しくなっていた折に7000枚を売りさばくのはリスクが大きかった。そこで、「今回は僕らの独自ルートを使いました」と言う。

「知り合いに日本在住の中国人がいて、その人に売るんです。今回はもともと、その中国人らが『欲しい』と言っていたということでマスクに手を出したというのもありました。スニーカーなどの転売で知り合った中国人で、その人に売るとその人のグループが中国に流すというスキームになっているんです。今回の約7000枚のマスクも直接その人のところに届け、手渡しでお金を受け取りました。こういった日本在住の中国人が自らの中国ルートで日本製品を転売するというのは、マスクに限らず、最近はとても多いと思います」

「初動で売り抜いて、すぐに撤退するのがいちばん」

 だが、マスク転売に対する批判なども日に日に大きくなる中で、A氏らはすでにマスク転売からは撤退しているという。2月18日放送の「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系)では、マスク購入の列に割り込むなどした中国人らと、他の客がトラブルになっている様子が放送された。一方、菅官房長官は2月21日の閣議後の会見で、中国でのマスクの生産再開や国内企業での24時間体制の生産により、今週には毎週1億枚以上の供給が確保されていると説明。来月からは月産6億枚の供給が可能となるよう、さらなる増産を働きかけていると話している。

「今はもう国が厳しくなったりだとか、生産が何億枚予定などと聞いているので早めの段階で撤退しましたね。やっぱりこういうのって初動で売り抜いて、利益確保してすぐに撤退するのがいちばん良いんです。流行り物なので、今から始めたりすると、逆に在庫抱えちゃったりするので」

「Nintendo Switch」も新型コロナで高騰

 新型コロナウイルスの影響で価格が高騰しているのはマスクだけではないという。

「コロナの影響って大きくて、(アルコール手指消毒剤の)『手ピカジェル』とか家庭用ゲーム機の『Nintendo Switch』とかの値段も、とにかく高騰しました。『手ピカジェル』はマスクと同じく対策用品として、定価の3倍くらいで取り引きされています。『Nintendo Switch』はもともと中国でかなり人気の高い商品でした。それがコロナの影響で、定価3万3000円のものが4万3000円で売れるようになったんです。『なぜコロナでゲーム?』って疑問だと思うんですが、聞いた話だと、コロナで外出規制となり、中国では国民の多くが家にこもっているみたいで。その時、家に引きこもるためのツールとして需要が高まっているようです(笑)」

 これらの商品の転売で、約200万円の利益が出たという。

「『Nintendo Switch』って入荷タイミングがあって、たしか毎週金曜日に入荷が多いんです。なので、そのタイミングで人を集めて大量購入して、それを例の中国人に売るんです。ここ最近だと約100台は入荷しました。その転売だけで100万円以上の利益が出ています」

「罪悪感はない。やったもん勝ち」

 実際にマスクが手に入らず困っている人も多いが、A氏は「罪悪感はない」と断言する。

「僕の意見は、弱肉強食というか、やったもん勝ちというか。本当に欲しいなら努力してでも買うべきだと思います。転売を叩く人もいますけど、需要と供給で成り立っている世界ですから。申し訳ないですけど、罪悪感はあんまりない。転売を否定してしまったら、世の中おかしなことになるんじゃないかなと思います。スーパーなどの販売と一緒。言わせてもらえれば、スーパーで『この大根、100円で売ってるけど原価いくらやねん』という感じですし、それに文句言い始めても仕方ないですよね」

 A氏に悪びれる様子はまったくない。だが、こうした転売ヤーたちが荒稼ぎをしている現実に、違和感を覚えている日本人は多いのではないか。

コインチェック





投稿日:

Copyright© 30歳無職の借金1000万返済ブログ , 2020 All Rights Reserved.