30歳無職の借金1000万返済ブログ

30歳、無職の男がパチンコ・スロット・競馬・バイナリーオプション等のギャンブル、さらにマルチ商法にハマって作った借金1000万円を返済するまでを綴ります。

金策・お金の作り方~即日から数日、基本編~

      2017/08/19

tora

 

こんばんは。

 

 

このブログを見に来てくださる方の、インターネットでの検索ワード上位に「金策」「お金の作り方」などがあります。

 

 

金策とは・・・

簡単に言うと、大至急お金を準備しなければならない時や、給料日までお金が足りない時などに、いつもとは違う方法でお金を準備することを、「金策」と定義します。

 

 

自分もお金に本当に困った時に、何度も

「金策」「お金の作り方」

「ブラックでも借りられる」

などをインターネットで検索していたことを思い出します。

 

 

今回は、借金歴が10年以上もあり、ずーっと金策をしてきた経験から、思いつく金策方法を全て挙げます。

3回に分けて書いていきます。

 

 

ただ、「金策」をするということは破産に一歩足を踏み入れている状況だと、そのぐらいの気持ちでいた方が良いと思います。

そうしないと、転落は一瞬なので。

破産寸前までいった多重債務者なので分かります。

 

 

■即日から数日でできる金策~基本~■

基本なので分かっている事が多いと思いますが、一応。

リスクが低い順に書いていきます。

できれば上の方の金策で済めばそれに越したことはないです。

 

 

1.日雇いバイトで稼ぐ

破産寸前になりいろいろトラブルを起こしてしまったこれまでの経験から分かった事、一番確実なのは自分で働く事。

当日払いの、いわゆる日雇いアルバイトは検索すれば多く出てきますので、これが確実です。


1日で1万円~2万円程稼げる仕事もあります。

ただ、自分もそうだったのですが、金策するほとんどの人が、「楽してすぐにお金を準備したい」という気持ちでいると思います。

また、こういった仕事が無い地域に住んでいる方もいます。

 

そういった方には厳しいと思いますが、誰も傷つけないというのが大きなメリットです。

 

メリット:誰も傷つけない、精神衛生上よい

デメリット:肉体的疲労、1日で大金は稼げない

 

 

2.両親から借りる

次は何かを犠牲にしてお金を借りるという段階に入ります。

人を犠牲にするか、お金を犠牲にするか、物を犠牲にするかです。

 

人からお金を借りるのであれば、まずは両親にお願いするというのが賢明です。

それぞれの環境があるとおもいますが、世界で一番といっていいほど自分の事を思ってくれている存在が両親です。

 

また、金策をしてしまう状況を断ち切って抜け出すためにも、両親に全てを話して、怒られてでも助けてもらうのが良いと思います。

 

メリット:利息などがかからない、自分の味方である、悪循環から抜け出せる

デメリット:両親に負担と心配をかけてしまう

 

 

3.自宅にある物を売る

これも金策のなかでは優先して行うべき事です。

自宅にある不用品、またはCDやゲームや本などをリサイクルショップに売りに行きます。

もっと追いつめられた状況の場合は、スマートフォンなどの電化製品や、貴金属(金や宝石)やブランド物(時計やバッグ)を売ることで、まとまったお金を得ることができます。金の場合は購入した時期により、価値が上がっている場合もあります。

 

ただ、基本的にリサイクルショップに持って言っても、二束三文、ただ同然の価格で買い取りされる場合が多いです。

できれば買い取り業者を何店舗か回って、買い取り価格の査定をしてもらうことをお勧めします。

 

また、その商品に特化して買い取りをおこなっている業者の方が、買い取り価格も高い場合が多いです。




 

 

それでも、望むような価格が提示されない場合があります。

 

そういった場合は少し時間がかかりますが、ヤフーオークションなどのオークションに出品したほうが良い結果が出る場合が多いです。

 

自分にとっては不用品でも他の方は欲しがっていて、「えっ!?こんなものが売れるの!?」と思ったことが何度もあります。

また、昔の物は思わぬ高値で取引されたりします。

 

 

ただしオークションの場合は出品から落札・入金まで約1週間ほどかかります。

そこまでしてもやる価値はある金策だと考えます。

 

オークションでの金策に関しては、入金まで1週間ほどかかるので、次の記事で具体的にまとめていきます。

 

メリット:物の整理になる、利息はかからない

デメリット:物がなくなる、買い取り価格が安い場合がある

 

 

4.貸金業者からお金を借りる

次からはいよいよリスクが高くなってきます。

しかし、人を巻き込まずに自分の金策は自分でするという方は、細心の注意を払いつつ計画的に利用していくことが大事と考えます。

 

借りる際の業者選びと返済プランをしっかりと考えることが大事です。

一般的に金利の安い銀行、業者から検討していきます。

 

注意すべきは、クレジットカードにキャッシング機能が付いていると、手軽なのでそこから借りようとしてしまいますが、クレジットカード会社のキャッシングは金利の高い場合が多いです。

 

【金利の低い順】

大手銀行の目的別ローン…(教育ローン・マイカーローンなど)即日借入は難しい(金利目安1.9%~5.0%)

大手銀行のカードローン…即日可能(金利目安3.0%~14.5%)

クレジット会社からのキャッシング…即日可能(金利目安7.0%~18.0%)

消費者金融ローン…即日可能(金利目安3.0%~18.0%)

 

下にいくにつれて金利が高くなっていきます。

 

 

しかし、金利が高い業者が主に

金利0キャンペーン

というものをやっています。

 

これは「ある期間に返済すれば、初回は無利息でお金を貸しますよ」というキャンペーンで、30日間という期間を設定しているものが多いです。

現在把握している中では、プロミス、アコム、レイクがおこなっています。

 

もし、次の給料で返済でき、かつもう金策をしないでよい状態なのであれば、このキャンペーンを利用するのも一考です。

 

ただ、消費者金融からお金を借りるという事には変わりありません。

 

なぜか、銀行系のローンよりも、消費者金融のローンの方がこういった無利息キャンペーンを行っています。

ということはどういうことか。

ここが入り口となって、さらに借入するというパターンが多いということです。

 

 

非常に多くの貸金業者があり、それぞれ金利が違ったり、長所があったり、キャンペーンをおこなっていたりと、多種多様です。

そういった場合は、下記のような検索サイトで、自分の条件にあうものを検索すると良いかもしれません。


 

メリット:金策できる金額が大きい、責任は自分

デメリット:金利がかかる、なによりも借金である

 

 

5.質屋からお金を借りる

あまりメジャーではありませんが、この質入れという手段もあります。

 

簡単にいうと、質屋にブランド物や貴金属を預けて、それを元にお金を借りられるというものです。

最近ではカメラや電化製品などでも可能なお店もあります。

 

もちろん利息も発生します。この利息がエグイので、長期間の借入はお勧めできません。(年利でいうと60~72%程)

給料日まで残り数日。という時の利用をお勧めします。

 

メリットとしては審査無しで、即日お金を貸してくれる点です。

カードローンは気が引ける、会社に在籍確認をされたくない、家族にばれたくないなど、審査はしたくないけれど数日間だけお金が必要という場合に利用できます。

 

最悪の場合、預けた商品が没収されるだけですので(質流れという)、借金が膨らんでいくことはありません。

 

メリット:審査が無い、信用機関にも登録されない、質流れにより借金が膨らむことが無い

デメリット:金利がエグイ、支払いができないと現物が没収される

 

 

6.友人・同僚・知人・恋人からお金を借りる

ここまで来たら、かなりヤバい状況です。

 

自分の経験上、これは全くお勧めできません。

「金の切れ目が縁の切れ目」というように、お金の貸し借りという行為が間に入るだけで、人間関係というものは全く変わってしまいます。

 

友人と楽しく飲みに行ったりすることができなくなる。恋人と別れなければならなくなる。それくらいの覚悟が必要だと思います。

 

また、金額によっては相手の人生をも壊しかねません。

さらに、こういった話は噂話としてすぐに広まります。

 

信用はいくらお金を積んでも買えません。

 

どうしてもお金を借りる場合は、できるだけ小額に、そして確実に返済できる場合にするべきです。

 

唯一可能性があるとすれば、会社の上司や先輩でしょうか。

やむをえない事情があれば、助けてくれる可能性はあります。

 

 

メリット:なし

デメリット:人間関係が壊れる可能性がある、信用問題

 

 

 

ここまでが即日でお金を準備できる、基本的な手段でしょうか。

 

 


■基本編のまとめ■

自分は現在、多重債務者です。

そんなお前が偉そうなこと書くなと思う方もいると思います。

 

しかし、こういった金策を経験してきたのが、僕です。

 

つまり、上記金策は計画的におこなっていかないと、僕みたいな1000万円近い多重債務者になる可能性があるということです。

 

足を踏み入れてから、転落まではあっという間です。

 

金策に必死になってしまうと、何も考えられなくなります。

少し立ち止まって考えなおすことはとても重要です。

 

 

また、あと数万円あれば人生をやり直せる。

そういう人がいるのも事実です。

 

そんな人の為になればと思い、明日も書きたいと思います。

 

明日の記事では、

即日から数日でできる金策方法のうち応用編をまとめたいと思います。

 

 

追記:ブログ更新しました。

「金策・お金の作り方~即日から数日、応用編~」

「金策・お金の作り方~数週間から数カ月編~」

 

 

たけし

 

【無料・匿名でできる借金に関する相談はこちらから】あなたの法律相談カフェ 【関連コンテンツ】

 - クレジット系ローン, サラ金ローン, 両親, 人生, 借金に対する知識, 借金に対する考え, 友人からの借金, 金策方法, 銀行系ローン