30歳無職の借金1000万返済ブログ

30歳、無職の男がパチンコ・スロット・競馬・バイナリーオプション等のギャンブル、さらにマルチ商法にハマって作った借金1000万円を返済するまでを綴ります。

負けまくっているのにバイナリーオプションが辞められない理由。

      2017/07/15

kakuseizai

 

こんばんは。

 

バイナリーオプションに出会って、早2年が経とうとしています。

 

※バイナリーオプションとは・・・

バイナリーオプションは、外国通貨取引の1種です。

単純に考えるとトランプの「ハイ&ロー」という遊びが「通貨」に変わったようなものです。

「ハイ&ロー」とは、例えば場に「5」のトランプが出ていて、次にめくるトランプが
「5」より大きいか小さいかを当てる、単純なゲームです。

例えば現在の相場が、1ドル100円だとします。
数分~数時間後の相場が100円より上がるか下がるかを当てるのがバイナリーオプションです。

もちろん、実際にはもう少し細かい知識が必要になってきますが、根本的な原理はこれです。

 

こうまとめてみると、すごい単純な仕組みだと思います。

 

でも、バイナリーオプションに出会った2014年の8月からの約2年間で、

275万円負けています。

月で割ると、毎月11万平均で負けている。。。

「バイナリーオプションこれまでの収支表」

 

サラ金からの借金は、このバイナリーオプションが主な原因だし、順調にいくはずの借金返済もバイナリーオプションによって崩れ去った。(自分の心の弱さが原因ですが)

 

 

 

なんで、こんな単純な仕組みなのに、これだけ負けるのか?

 

 

スプレッド・手数料のことを考えても、勝ち負け半々になってもおかしくは無いのに。

むしろ、予想や技術をもってすれば、勝ち越せる可能性は十分にあるのに。

 

 

大きく負けて、破産すれすれまでいった。。。

 

 

2016年も既に55万円負けている。

7月も既に1万5千円負けている。。。

 

 

理由は分かっている。

トランプの「ハイ&ロー」で考えても、毎回勝ち50%、負け50%の確率で勝負しないと、負けに偏った状態で勝負していたら、そのうち負けるのは当然。

 

バイナリーオプションでは、基本的に勝ち50%、負け50%の確率では勝負できない仕組みになっている。

数学的な答えは出せないが、負けに確率が寄っている。

それは、スプレッド・手数料が主な理由。

 

また、半々の確率だとしても、負けがずーっと続くことは有りうる。

 

 

そこを予想や経験、知識、取引手法でカバーして勝率を上げていく。

 

 

て、そうは上手くいかない。

 

しっかりと研究して、対策を考えて、利益を出している人はいるんだろうけど。

本当に尊敬します。

 

 

僕もこの2年間、いろいろ考えてやってきたけど、勝てない。。。

いちばんの原因は感情だと思う。

 

本当は少しでも可能性を上げて慎重に取引をしていかなければならないのに、熱くなってしまって冷静な判断ができない。

決めたルールすら守れない。

 

 

勝てないなら辞めるべきなんだろうけど、

①損失額275万円を取り返さなきゃ気が済まない。

②勝てる可能性があると思っている。(これだけ負けていて)

③一気に稼いで、借金を返済したいと考えている。

こんな理由でいまだにボロボロになりながらしがみ付いている。

 

 

もう今月負けたら、バイナリーオプションは辞める。

 

慎重に。

決めたルールすら守れないなら、勝てるわけないじゃん。

 


 

 

あー沖縄で、青い海になにも考えずプカプカ浮かんでいたい。

umi

 

 

そんなことできるはずもなく。

 

明日も仕事で、肉体労働。。。

 

辛いっす。

 

たけし

 

【無料・匿名でできる借金に関する相談はこちらから】あなたの法律相談カフェ hensai2016.com

 - ギャンブル依存症, バイナリーオプション, 借金の原因, 反省, 改善点, 現状, 目標