30歳無職の借金1000万返済ブログ

30歳、無職の男がパチンコ・スロット・競馬・バイナリーオプション等のギャンブル、さらにマルチ商法にハマって作った借金1000万円を返済するまでを綴ります。

僅かな希望を信じて

      2017/06/13

kibou2

 

こんばんは。

 

新たな一週間が始まりました。

気分を新たに、前に進んで行くべし。

 

今日は、最後の希望であるおまとめローンについて考えていました。

おまとめローンは昨年、3社に申し込んでNGをくらいました。

 

なので、審査が通る可能性としては低いと思いますが、おまとめをするメリットが高いので、もう一度チャレンジしてみたいと思います。

 

下記に、おまとめをするメリットを考えてみました。


 

■金利の計算

一番大きなメリットは金利。。。

現在、奨学金以外で業者から借り入れしている残債は約143万円。(両親・友人・奨学金を除いた借金額)

以前のブログ→「2月末残債務状況」

 

現在、平均して年利18%の利息がかかってきている。(遅延損害金も考えた平均値)

残債143万円に対して、18%の利息だと。。。

21,861円/月

一か月で約2万の利息を取られます。

 

これが、下記の金利だと。。。

13% 15,788円/月

10% 12,145円/月

8%  9,716円/月

 

おまとめが出来て、8%まで利息を下げることが出来れば、月の利息が半分以下か。。

 

■返済期間の計算

現在、143万円の残債に対して、月で支払っている返済額は85,000円。

月の返済金額を変えず、それぞれの金利での返済期間を計算してみると。

 

18.0%(現状のまま) 20か月(1年8カ月 2017年11月)

13.0%        19か月(1年7カ月 2017年10月)

10.0%        19か月(1年7カ月 2017年10月)

8.0%          18か月(1年6カ月 2017年9月)

 

8.0%だと2か月早く完済できるのか。。。

 

■利息金額

143万円を完済した時にいくら利息を支払っているか。

 

18.0%(現状のまま) 234,081円

13.0%        157,311円

10.0%        117,176円

8.0%          91,807円

 

18.0%と8.0%の支払う利息の差は、142,274円。。。

 

14万円の差か。。。衝撃です。


 

こうしてまとめてみると、本当に金利を下げる必要性が分かるな。

 

今できることは、

返済期日の延滞をしないことだけ。

 

3・4月と問題なく返済をして、5月に申し込んでみようと考えています。

 

ただ審査の条件などを調べると、本当に厳しい。

ブラックに金を貸す業者なんてないもんな。

 

いろんな情報を調べている中、最終手段はこの会社かなと考えています。

俺でも期待できる情報もあったり。。。

そんなことはないと思うけどな。

 

株式会社中央リテール

 

どうなんでしょうか。

引き続き情報を調べてみよう。

 

どうなるか分からないけど。。。

できることをやっていこう。

 

たけし

 

【関連コンテンツ】 【無料・匿名でできる借金に関する相談はこちらから】街角法律相談所

 - おまとめローン, 借金返済, 支払予定, 改善点, 現状