30歳無職の借金1000万返済ブログ

30歳、無職の男がパチンコ・スロット・競馬・バイナリーオプション等のギャンブル、さらにマルチ商法にハマって作った借金1000万円を返済するまでを綴ります。

両親に連絡がいった。本当の事が言えなかった。金を借りた。そして・・・

      2017/08/12

。。。

 

滞納しているじぶん銀行ローンから、実家に電話がきました。

母親が出ました。

 

最初は家の電話は登録していなかったのですが、数ヶ月前に「今後返済延滞をしないように」と思い、家の電話を登録したのを忘れていた。。。

 

ただ内容は「僕に電話が繋がらないので」ということと名乗りも「じぶん銀行」だったので、誤魔化そうと思えば誤魔化せたかもしれない。。。

 

でも誤魔化してこの場だけ乗り切ったところで、金が無い状況は変わらない。

ここは本当のことを言って、お金を借りようと思ってしまった。。。

 

もう本当にクズすぎるわ。。。

何回目だよ。

 

何度もお金を借りるのはこれで最後だからと言ってきた。。。

 

理由と現状を聞かれた。

ギャンブルで41万円失ったから、なんて言えなかった。。。

 

 

 

 

「スタッドレスタイヤを買ったから。。。」

 

こう言った。

 

。。。

 

そして2万5千円を借りた。

 

本当は2万円借りれれば、給料の週払いを足せばなんとかなる計算だったけど。

 

 

お願いする時に、あることが浮かんだ。

バイナリーオプション。

 

ここまで来たんだから5000円多く借りて、それを元手に絶対に取り戻してやると考えた。

 

たぶん俺はこのまま行くと良い死に方をしない。

どれだけ親不孝なんだよ。

 

で、22時頃にお金を借り。

20分かけてコンビニへ行きバイナリーオプションへ入金。

 

今、5000円の内、4000円失った。。。

 

もう駄目だ。

 

こんな人生駄目だ。

 

たけし

 

【関連コンテンツ】 【無料・匿名でできる借金に関する相談はこちらから】あなたの法律相談カフェ

 - じぶん銀行, ギャンブル依存症, ネガティブ思考, バイナリーオプション, 両親, 人生, 廃人生活, 現状