30歳無職の借金1000万返済ブログ

30歳、無職の男がパチンコ・スロット・競馬・バイナリーオプション等のギャンブル、さらにマルチ商法にハマって作った借金1000万円を返済するまでを綴ります。

パチンコ屋に朝7時から並ぶ

      2017/06/12

narabu

 

こんばんは。

 

このブログの題名は、少し前の自分。

去年までの休日を思い出していました。。。

18歳でパチンコを始めてから10年間。

休日はほぼ同じような生活だった。

 

休日は、朝7時くらいからパチンコ屋の10時開店に並ぶ。

並んでいる間の、缶コーヒー。そして携帯電話で、パチンコ台について調べる。

開店したら猛ダッシュで台を確保。

そこから22時45分の閉店まで、一日中パチンコ屋に入り浸る。

負けてもコンビニでご飯を大量買いして、YOU TUBEでパチンコの動画を見ながら食事。

また寝て、翌朝パチンコ屋に並ぶ。

 

夏休みなんかは1週間くらい上記のギャンブル生活を繰り返していた。

 

これでは、脳みそも退化しますよね。。。

 

失った1000万円以上の金額もそうですが、

 

人生で一度しかない、大事な20代のほとんどの時間をギャンブルにつぎ込んでしまった。

 

悔やんでも悔やみきれないです。

 

無駄にした、失った時間はもう戻ってこない。

このことを考えるだけで、泣きそうになります。

 


 

 

最近の休日は自分との闘いです。

ギャンブルをやりたい衝動との闘いではなく、サボり、ダラケ、先延ばし癖のある自分との闘いです。

副業や勉強を進めたい。

でも、だらだらしてしまう自分がいる。

10年以上、怠惰なギャンブル生活を続けてきたので、すぐに変えることは難しいのか?

いや、言い訳はしない。

 

休みの日の動きが、自分の人生を決めるといっても過言ではないと思う。

これまで10年間ギャンブルに充ててしまっていた時間を、自己成長の時間に割当てよう。

 

過ぎてしまった時間は戻らない。

これを読んだ若い方。

僕みたいにならないでください。

 

たけし

 

【関連コンテンツ】 【無料・匿名でできる借金に関する相談はこちらから】街角法律相談所

 - ギャンブル依存症, 人生, 反省, 地獄の体験, 廃人生活