30歳無職の借金1000万返済ブログ

30歳、無職の男がパチンコ・スロット・競馬・バイナリーオプション等のギャンブル、さらにマルチ商法にハマって作った借金1000万円を返済するまでを綴ります。

パチンコを卒業してから1日。もうすでに行きたくなってしまった。

      2017/07/15

1pati

 

こんばんは。

 

昨日の衝撃の日から1日。

今日は疲れて1日中寝ていました。


昨日、ボロ負けして、パチンコから卒業する事を固く誓いました。

 

 

なのに、今日9時30分くらいに目覚めたとき、パチンコに行く事を本気で悩んでしまった。

 

昨日、あれだけ負けたから、今日は勝てるかもしれないと。。。

 

 

危ない、危ない。

 

なんとか、雑念を振り切りました。

 

 

あれだけ固く誓ったのに、よく行こうなんて気になるよな。

一歩間違えたら、行っていたぞ。。。

 

自分が恐ろしいです。

 

 

ここ1ヵ月くらいは、行きたくなってしまう可能性が高いので注意しないと。

「1回くらい行ってもいいかな?」という考えもしそうだけど、この1回が命取りになりかねないので注意しよう。

 

 


 

 

昨日、人生で最後のパチンコに行って、思った事があった。

 

 

昨日は金曜日だったのですが、前の週の日曜日に行った時より混んでいた。。。

 

ん?なんで平日なのに、休日よりも混むんだ?と考えたら、

昨日は、月末。

給料が振り込まれる人が多いからだと分かりました。

 

 

別に特別なイベントがあった訳でもないので、確実に給料日という事が関係あると思う。

もしくは、その前の日曜日が、給料日前でお金が無く、稼働が少なかったかのどちらか。

 

 

スーツ姿のサラリーマンや、作業着姿の兄ーちゃん達が何人かいました。

人の事を言えませんが、

 

 

お前ら、会社を休んで、パチンコしに来てるんか?

給料が入った途端、パチンコしに来てるんか?

 

と、悲しい気持ちになりました。

 

て、俺もそうだった。。。

 

 

これは、改めなきゃなと思いました。

 

 

 

あともう一つ思った事。

 

 

パチンコやスロットは遊技、遊びだということ。

アミューズメントだということ。

 

これはパチンコ協会も正式に発表している事です。

 

 

普通、どんな遊びもこちらがお金を支払って、その対価で遊びます。

お金をもらえる遊びなんてないです。

 

 

パチンコも同じ事。

お金を払って遊んでいる訳です。

 

 

いやぁ、高い遊びだなぁ。

セレブの遊びだよ。

 

 

でも、パチンコで遊ぶのは低所得者が多いとの調査結果も出ています。

 

 

 

まあそんな感じで、ここ1カ月くらいは辛いと思いますが、

パチンコ屋には二度と行かないように、意思をしっかりと固めたいと思います。

 

 

たけし

 

【関連コンテンツ】 【無料・匿名でできる借金に関する相談はこちらから】街角法律相談所

 - ギャンブル依存症, パチスロ, 人生, 仕事, 廃人生活, 日常, 給料