30歳無職の借金1000万返済ブログ

30歳、無職の男がパチンコ・スロット・競馬・バイナリーオプション等のギャンブル、さらにマルチ商法にハマって作った借金1000万円を返済するまでを綴ります。

また両親を巻き込んだ。これで何度目?

      2017/05/21

ryousinn

 

こんばんは。

 

また自分以外の人を巻き込んでしまった。

 

バイナリーオプションで病的に全財産を突っ込み、失った。

本当はその責任は全て自分でとらなければならない。

自分が選んで、覚悟しておこなったギャンブルだったから。

 

 

自分でもクズだと思う。

 

 

また母に泣きついて、お金を借りた。

その額、40,000円。

 

 

今回、全財産をギャンブルに充て失ったため、返済と支払が滞ってしまっている。

催促の電話が鳴りやまず、法的措置移管のハガキなども来ている。

「滞納・催促地獄へ足を踏み入れた」

自分が選んだ道なんだけど。

 

 

母にはこれで最後ということでお金を借りた。

 

 

本当に申し訳ない。

何度これで最後という言葉を使ったのだろうか、何度助けてもらったのだろうか。

 

母は60歳手前。

週3日、時給700円でパートに出ている。

 

今回借りた40,000円は、60歳手前の母が1カ月汗水流して働いて稼いだ金だ。

 

それが数日前に、やけくそギャンブルで数分で失った40,000円の犠牲になった。

 

情けなさ過ぎて、何も言えない。

 


 

これまでも、これで最後、これで最後と助けを求めた。

「両親に打ち明ける。。。ごめんなさい。」

「母を泣かせてしまった~母の口座から勝手にお金をおろした過去~」

「両親に見せた借入リスト。母は泣いた。」

 

 

さすがにこの40,000円をギャンブルに充てることはしない。

 

もうこれで最後にする。

 

心を入れ替えて、死に物狂いで働きます。

 

すみません。

 

たけし

 

【無料・匿名でできる借金に関する相談はこちらから】あなたの法律相談カフェ hensai2016.com

 - ギャンブル依存症, バイナリーオプション, 両親, 人生, 仕事, 借金返済, 債務状況, 地獄の体験, 廃人生活, 日常, 現状