30歳無職の借金1000万返済ブログ

30歳、無職の男がパチンコ・スロット・競馬・バイナリーオプション等のギャンブル、さらにマルチ商法にハマって作った借金1000万円を返済するまでを綴ります。

どうでもいい女に、タクシー代5000円をあげた過去。。。(笑)

      2017/08/11

hiranora

 

おはようございます。

 

 

今日も、コタツで寝てしまった。。。

ブログ書き終わったら布団で少し寝て、副業へ出発です。

 

 

昨日のブログで、珍しく後輩にコーヒーを奢った事を書きました。

借金ある身で。。。

 

昨日のブログ

「後輩に缶コーヒーを奢った。借金あるのに。。。」

 

 

で、今日。

「今まで人に何かを奢った事あるかなぁ?」と過去を思い返していたら、思い出してしまった黒歴史。

 

 

ちょっと現実から逃げるためにおかしくなっていた時期で、その頃の事は今思い出しても嫌になるんですが、せめてブログに書くことで、笑い話にしたい。。。

 

 

時期的には、4年ほど前。

東京で俳優の養成所に通っていた頃です。

 

 

すでに、「俳優になるのは無理かもしれない」と感じ始めていた時期。

ギャンブルに逃げ、お酒に逃げ、おかしくなっていました。

 

酒でベロンベロンになった状態でスロットを打ちに行き、寝ながら、押し順ミスをしながら打っていました。

 

既にギャンブルで借金あるのに、毎日のように飲みに行って散財したり・・・

 

「こんなんじゃ、絶対に俳優になれない」

今振り返ると、そう思います。

 

 

 

その俳優養成所では、ミュージシャンスクールみたいな事もやっていたのですが、恥ずかしながらボーカルの女の子に恋をしていました。

 

ギャンブルに逃げ、お酒に逃げ、次は女に逃げようとしていました。

 

 

といっても強引に、変な近づき方をしたので、めちゃくちゃ嫌われたんですけれど・・・

 

 

ある日、その女の子も含めた集団で飲みに行った時がありました。

 

 

そのボーカルの女の子の友達に、(失礼だけど)ブスなバンギャ(バンドギャル=ビジュアル系バンドが好きな女の子)がいて、「この子に近付いて、ボーカルの女の子に近付くのに協力してもらおう」という意味不明な思考回路に陥りました。

 

集団で朝まで飲んだ後「帰る」ってなった時、バンギャがタクシーで帰ろうとしました。

帰る方向が同じだったので、俺も許可を得ずに急に乗り込みました。

 

 

俺が降りてから、バンギャの家方面に行くのですが、タクシー代といっても1,500円あれば余裕。

 

でも手元に5,000円しかなく、それをバンギャに渡して、俺は降りた。

 

おつりは返してもらえるだろうと思っていた。

 

 

で、結局、おつりは返ってこず・・・

ボーカルの女の子に近付く協力も無く・・・

 

 

ブスに無駄金を使った。。。

 


 

 

全て、無能な俺のせい。

 

女の子のことをブスと書く時点で、駄目だし。。。

 

この一件で思った事・・・

 

嫌な事や現実から逃げてばかりでは、目標は達成できないということ。

しっかりと問題解決や、目標達成方法をロジカルに考えて行く事。

 

そして、

女の子には惚れちゃ負け、惚れさせなきゃ。

 

 

たけし

 

【関連コンテンツ】 【無料・匿名でできる借金に関する相談はこちらから】街角法律相談所

 - 反省, 女性の話, 東京での苦い思い出