30歳無職の借金1000万返済ブログ

30歳、無職の男がパチンコ・スロット・競馬・バイナリーオプション等のギャンブル、さらにマルチ商法にハマって作った借金1000万円を返済するまでを綴ります。

ついに税金の催促が来てしまった。催告書とは?

   

saisoku

 

こんばんは。

 

数年ぶりに順調にいっていた、今月の返済計画にまた大きな壁が立ちはだかりました。

順調だと思っていた昨日のブログ → 「最近ハマっていることは借金返済です。」

 

安心していたのもつかの間、黄色い封筒が送られてきました。

税金の催告書です。

 

催告書(さいこくしょ)と催促状(さいそくじょう)は似ているようで違います。

 

重要度・危険度で表すと

催告書 > 催促状

 

催告書が届くということは、その前に催促状が届いているはずです。

催促状の段階で支払をしなかったり、相談をせずに放っておくと、催告書が送られてきます。

 

僕も1期分の26,100円は今月末に支払う予定でしたので、放っていました。

 

催告書が届き、その期限までに何らかの動き(全額支払い・分納の相談等)をしなければ、財産の差し押さえをされます。

財産の差し押さえの財産には、貯金・生命保険・給料・不動産等があります。

 

催告書が届いたということは、差し押さえの一歩手前と考えて良いと思います。

 

本当は、催促状だけでも差し押さえは可能ですが、行政は優しいので(?)催告書として警告を出します。

 


 

 

僕が現在滞納している税金は、2期分。

26,100円×2期=52,200円

 

1期分は今月の返済計画に入っていましたが、もう1期分は来月の予定です。。。

来週になったら、税務課に相談しよう。

 

最終勧告は赤い封筒で来る可能性が高いです。

でも、ギリギリまで引っ張るのではなく、早々に問題を潰していく。

 

これまで10年以上の借金生活で学んだこと。

問題は先延ばしにすればするほど、大きな問題となって自分の首を絞める。

 

できるだけ早い段階で、逃げずに立ち向かうこと。

 

たけし

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

催告書について参考になったよという方、下記ボタンクリックで応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ

【関連コンテンツ】 【無料・匿名でできる借金に関する相談はこちらから】街角法律相談所

 - 借金に対する知識, 借金返済, 支払予定, 日常