30歳無職の借金1000万返済ブログ

30歳、無職の男がパチンコ・スロット・競馬・バイナリーオプション等のギャンブル、さらにマルチ商法にハマって作った借金1000万円を返済するまでを綴ります。

ずーっとギャンブルと共に生きた人生

      2017/06/17

gyannburuizonn

 

こんばんは。

 

これまでのギャンブルについて考えていました。

 

18歳から始めたギャンブル歴は12年にもなります。

 

パチンコやスロット、競馬などは去年末になんとか辞められたと思います。

12年もかかりましたが。。。

 

何故、もっと早く辞められなかったんだ?

 

普通の思考回路の人は、長くても1年くらいやって気づくのでしょう。

これは駄目だなと。

 

でも僕は、12年もかかってしまった。

 

やっと12年経って、「ギャンブルは稼げない」ということが本気で理解できたから辞められたのだと思います。

 


 

高校卒業して18歳で地元の工場に就職しました。

職場の先輩に着いてくような形で、初打ち。

2回ほどビギナーズラックが続き、それでハマってしまいました。

 

初打ちは今でも覚えています。

2円パチンコの「必殺仕事人」。

 

3万発くらい出たのかな。

18歳がパチンコにハマるには十分な勝ちでした。

 

2円パチンコだったけど、数時間で、楽しみながら、月給の半分を手に入れる。

こんな世界があったんだと衝撃を受けました。

 

必殺仕事人にまんまとギャンブルにはめるという仕事をされました。

 

18歳からの4年間は、特に夢も目標もなく暇だったのを覚えています。

仕事も糞つまらなく、生きていることに刺激が無かった。

 

暇つぶしと、刺激を求めてギャンブルにのめり込んでいきました。

 


 

23歳の頃に一大決心をします。

 

毎日がつまらなく、退屈な日々が嫌でした。

 

勤めていた会社を辞め、俳優を目指して東京のスクールに通い始めました。

(このスクールも借金をして行ったので、まだ返済をしています。)

 

本当は夢を見つけ、夢に向かって猪突猛進に進むべきで、ギャンブルなんてやっている暇なんて無いはずでした。

 

でも、上手くならない演技や、俳優として食べていくことの厳しさを理解し、日に日に現実から逃げるようになりました。

 

逃げた先がギャンブル。

バイトもあまりしていなかったのも追い打ちをかけ、生活費を求めてギャンブルするようになりました。

 

こうなったら転落は早い。

 

サラ金からの借金が加速しました。

 

あるお金全てをギャンブルに充てました。

 

住んでいた賃貸の家賃も払えなくなり、奇跡的に5カ月分滞納しました。

(全然追い出されなかった。)

「家賃を5カ月滞納した時のまとめ」

 

これは両親に全部立て替えてもらいました。

 

その後も定期的に、両親に仕送りをしてもらいました。

 

その金を持って、パチンコ屋へ。

 

本当にどうしようもなかった。

 


 

借金で首が回らなくなり、東京で就職しました。

(ギャンブル以外にも原因がありますが、その話は追々)

 

俳優の夢は諦めました。

自分が弱かった。

 

結局、全てから逃げ出してしまった。

 

その後さらに借金が膨らみ、どうしようもなくなり、借金完済と生活の立て直しの為に実家に戻ってきました。

 


 

そして今苦しんでいるのが、バイナリーオプションとの向き合い方。

 

借金の原因の7割くらいはバイナリーオプションが原因です。

今現在、バイナリーオプションで、255万円程のマイナスを出しています。

「バイナリーオプションこれまでの収支表」

 

 

パチンコ・スロット・競馬などは、勝てないということを理解できたのでスパッと辞められました。

 

ただ、バイナリーオプションはまだ勝てる可能性があると思っています。

 

255万円負けているのに。

先月は33万円マイナスで、順調にいっていた返済生活を一気にボロボロにしてしまった。

「明日が来るのが怖い」

 

それでも、まだ勝てると思っている。

何故だ?

 

なので、辞めることが非常に難しい。

 

決めたルールを守れば、理論上負ける確率は低いんです。

 

ルールを守れば、ギャンブルから投機に変わる。

(投機もあまり良いものではないと思っています)

 

でもその自分が決めたルールを守ることが難しい。

 

人間の本能的な部分に関わってくるので、なかなかルールを守れない。

 

ボタン一つを押すだけなのに、それが出来ない。

 

今日も決めたルールが守れなかった。

 

ルールを守ることが、自分の身を守ることなのになかなかできない。

 

このままだとバイナリーオプションが原因で、自己破産や債務整理が目の前まで来ている。

 

簡単な事なのに。

 

今、深夜の4:20分。

 

この時間になってもバイナリーオプションやっています。

 

これしか道は無いのか?

 

30歳にもなって実家に帰ってきたのは、借金完済と生活の立て直しの為じゃないのか?

 

どうしよう。

 

たけし

 

【関連コンテンツ】 【無料・匿名でできる借金に関する相談はこちらから】街角法律相談所

 - ギャンブル依存症, バイナリーオプション, 両親, 人生, 仕事, 地獄の体験, 廃人生活, 日常, 日本政策金融公庫, 東京での苦い思い出, 現状