30歳無職の借金1000万返済ブログ

30歳、無職の男がパチンコ・スロット・競馬・バイナリーオプション等のギャンブル、さらにマルチ商法にハマって作った借金1000万円を返済するまでを綴ります。

これまでにおこなった金策「携帯乞食編」

      2017/06/11

sumaho

 

前回の投稿で、携帯の月々の支払を4500円程下げられたという報告をしました。

ただ、今は持っていない(使っていない)タブレット端末2台の支払が月々4000円程発生してしまっている状態とも書きました。

前回のブログ→「固定費を極限まで下げる」

 

理由としては、タブレットを売ってお金にしたからです。

分割払いで購入しているので、その支払いが残っている形になります。

私の場合はお金が無く、やむを得ず売った形になりますが、あえてこういった金策をする方もいるようです。

 

流れとしては

■au、docomo、softbank、などの携帯ショップでスマホやタブレットを分割払いで契約する。

・キャッシュバック等の特典がある場合あり、下調べするとお得なキャンペーンをやっている店舗もあり

■リサイクルショップ等に売却する

・買い取り金額が高い機種があり

 

リサイクルショップに売却した端末の支払は、翌月からなので当日は負担0円で、現金を手にできます。

 

私の場合、2台分購入でかかった費用は、

端末購入料金 月々4000円×24ヵ月=96000円

契約解除費用 20000円

計 11万6000円

 

1台20000円でリサイクルショップに売却したので、

結果的には

76000円のマイナスです。

 

11万6000円を支払うかわりに、40000円を当日手にできるという破綻した状況です。

 

普通の人は、馬鹿すぎて絶対にやらない方法だと思います。

一時的に現金を手に入れられますが、結果的には大赤字です。

 

グレーゾーンの金策方法で、オススメできません。

 

私の場合はこうまでして作ったお金ですが、ギャンブルに5分で消えていきました。。。

今もなおこの時のツケに悩まされています。

 

たけし

 

【関連コンテンツ】 【無料・匿名でできる借金に関する相談はこちらから】あなたの法律相談カフェ

 - 廃人生活, 金策方法