30歳無職の借金1000万返済ブログ

30歳、無職の男がパチンコ・スロット・競馬・バイナリーオプション等のギャンブル、さらにマルチ商法にハマって作った借金1000万円を返済するまでを綴ります。

おまとめローン本審査。入店から審査結果を聞くまで。店内の様子も。【中央リテール 実体験】

      2017/08/11

menndann

 

こんばんは。

 

今月に入って挑戦しています、借金のおまとめ。。。

結果的には、おととい金曜日に本審査を行いまして、落ちています。

 

 

しかも本審査に落ちた理由が特殊。

仮審査の段階で分かるだろうという些細な理由。

 

 

もうおまとめローンに関して、やる気も書く気も失せているんですが、一応まとめます。

 

まず、これまでの流れはこちらにまとめています。

「いよいよ明日、俺の借金人生を懸けた1本の電話が来る・・・」

「おまとめローン仮審査の結果が出た。【中央リテール 実体験】」

「ショック。最悪の結末。おまとめローン失敗。」

 

 

おまとめローンの本審査を受けた会社はこちらです。

中央リテール

 

 

インターネットで中央リテールについていろいろ調べました。

多重債務者でもおまとめに成功している事例や、審査基準の柔軟性で『おまとめローン最後の砦』と言われていたり、もうここしかないなと思って申し込みました。

クイック診断、電話での仮審査共に通過し、あとは対面での本審査に。

 

 

おととい金曜日、片道2,500円と2時間30分をかけて、会社のある渋谷に到着しました。

 

 

1.到着から、審査開始まで

11時30分から本審査を予定していましたが、時間に余裕を持って出発したため、10時過ぎには渋谷駅に着きました。

1年半振りの東京。

ちっとも変わってないぜ。

 

久しぶりの東京で、若干興奮気味だったけど、冷静さを保つようにした。

 

道中には、よく通った「楽園」というパチンコ屋が。。。

相当負けたなぁと思い返しながら、歩く。

 

途中にあるマクドナルドで昼食と時間を潰し、15分前に会社前に到着し、担当者へ電話。

 

東京にいた頃よく通っていた場所だった。

 

ドンキホーテがあるので分かりやすい。

担当者が迎えに来てくれて、店内へ。

 

この担当者は良く言えば中井貴一さんに似ていて、悪く言えば(?)角野卓造さんに似ていた。

 

でも身なりもしっかりとしていて、第一印象は良かった。

 

ビルの外観とは違って、店内は清潔で整理されていた。

ただ緊張と、万が一ヤクザでも出てきたらどうしようという不安でよく観察はできなかった。

 

パッと見、個室が5部屋以上はあったと思います。

 

その中の一室に通されます。

部屋にはテーブルと椅子。

狭い。

 

担当者の角野さん(仮名)の自己紹介と、5分くらいの雑談のあとに本審査が始まりました。

 

 

2.本審査開始

まず、運転免許証と保険証、給料明細を提出しました。

角野さんはそれを持ってコピーに。

 

その間に、融資審査の申込書を記入しました。

現在の借入明細などを詳しく書く部分があります。

 

それぞれの明細を持参していたので、それを見ながら、ちゃんと書いていきます。

 

卓造さんが戻ってきて、記入した資料を渡しました。

一通り、目を通してもらったのですが、ある場所で卓造さんの目つきが鋭くなったのが分かりました。

 

突っ込まれたところは友人から借りている65万円も希望額に入れたところ。

「この65万円は、無理です」ときっぱり言われました。

理由は、貸金業者じゃないから。単純です。

もっと早くに気が付くべきだった。。。

 

まず、友人に借金がある証拠書類は何一つ持参していないし、あったとしても偽造が可能なので、絶対に不可能です。

 

 

後は、何故借金ができたかの経緯を聞かれました。

 

「ギャンブルです。」

とは言えなかったので、もう一つの理由「為替取引」ですと言いました。

 

 

そんな感じで面談が終わり、「それでは本審査をおこなってきます」と卓造は言い残し、部屋を出ていきました。

「20分~30分ほどお待ちください」と。

 


 

 

さあここから約20分後に卓造が戻ってきて、本審査落ち、融資否決の報告を受ける訳ですが、この続きは明日書きたいと思います。

 

一つ言えることは、「卓造め。許さん。」

 

なんちゃって。

 

今は切り替えるしかない。

 

 

たけし

 

【無料・匿名でできる借金に関する相談はこちらから】あなたの法律相談カフェ 【関連コンテンツ】

 - おまとめローン, ブラックリスト, 中央リテール, 債務状況, 友人からの借金, 現状