30歳無職の借金1000万返済ブログ

30歳、無職の男がパチンコ・スロット・競馬・バイナリーオプション等のギャンブル、さらにマルチ商法にハマって作った借金1000万円を返済するまでを綴ります。

「これで最後」って何回言ったことか。俺の言葉は腐っている。

      2017/08/07

nakituku

 

こんばんは。

 

 

止まっていた、携帯とインターネット回線。先ほど復活です。


 

支払う料金4万円のうち、2万円を

両親に泣きつきました。

 

残りの2万円は、派遣会社の週払いです。

 

 

 

両親からお金を借りるのは、これで何回目だ?

 

 

 

もう30歳にもなって、携帯代が支払えなくて親にお金を借りる。。。

しかも、一生懸命働いて、払えなかったのではない。

ギャンブルで支払うお金にまで手を出して失って払えなくなった。

30万円という大金があったのにも関わらず、1日で全てブっ込んで失う。

 

 

 

そのツケを、もう精神的にも体力的にも限界が来ている、60歳手前の両親に払わせた。。。

 

 

母は60歳手前で、時給700円でパートに出ている。

 

 

父も身体に不調がありながら、必死に働いている。

 

 

そんな両親から、俺のギャンブルにより金を巻き上げた形になった。

 

 

いつもそう。

自分でやった事の、ツケを自分で支払うならまだいい。

 

でも最終的に負担をかけてしまうのは両親。。。

 

 

 

いつもお金を借りる時に言う言葉

「これで絶対最後だから。。。」

 

 

たぶん、30回以上は言っている。

 

 

両親ももう信用はしていないだろう。

 

俺の口から、真実の言葉は出ない。

 

 

もう、本当に最後にしないといけない。

 

本当に。

 

本当に。

 

 

借金返済とかより前の段階。

 

人間としての問題。

 

 

でもできるのか?

 

今までも何度も同じことを思った。

 

でもできていない。

 

何を変えればいいんだ?

 

 

今できる事は、バイナリーオプション口座の解約。

 

ギャンブルをしないこと。

 

できる事をやっていくしかない。

 

 

両親の子どもとして生まれた事を後悔させないように。。。

 

たけし

 

【関連コンテンツ】 【無料・匿名でできる借金に関する相談はこちらから】あなたの法律相談カフェ

 - ギャンブル依存症, バイナリーオプション, パチスロ, ブログについて, ブログランキング, ブログ収入について, 両親, 人生, 借金返済, 反省, 廃人生活, 支払予定, 改善点, 日常, 現状